かきぞえネット

フリーライターとして見える道

就職や転職を有利にすすめるには、面接がポイント 面接時のマナーや態度、話し方、経験

f:id:syuusakukakizoe:20170926091327j:plain

出典:http://tra-academy.jp/mensetsu/

 

皆さんこんにちは!

管理人のサラリーマンXです。

 

これまで、

何度も転職を考えながらも、

なかなか、次に進むことができずに、

なんやかんやで、

35歳になりました。

 

もうそろそろ、

転職するならば歳が歳ですよね。

転職は、

35歳までにしなければ、

やっぱり他の企業様からも

相手にしてもらえません。

できれば、29歳までにするのが

ベストだと考えています。

 

今回は、

35歳を過ぎても

転職を成功させるためのポイントと

して、

面接を挙げさせて頂きました。

 

どれだけ、

歳になっても、

この面接力で企業に与えるイメージを

良くすること!!

が非常に大事になると考えています。

 

就職試験には面接対策が大切

 

面接で役立つ「成功体験」の例文 面接官の意図やポイントとあわせて解説 | マナラボ

 

希望の就職先につくためには、

面接への備えは欠かすことができません。

 

就職採用試験では、

採用担当者との面接試験が、

必ずといっていいほど行われます。

 

面接試験に通らなければ、

希望する会社に入社することはできません。

 

面接に臨む時には、

できるだけの準備をして、

万全の体制で行くようにしないと、

悔いの残る結果になります。

 

どんなに立派な人間であっても、

面接の場でしくじってしまえば、

相手に評価されることはなく、

不採用になってしまいます。

 

自分のいい面を相手にきちんと見せるつもりで、

入念な準備をして面接に行くようにしましょう。

 

相手の質問に対して、

スムーズに回答を出せるようにしておくことが、

面接対策の基本であると言われています。

 

この時、

面接の場で話すことと、

履歴書に書かれたこととで、

食い違いが出ないようにしましょう。

 

面接時にどういった質問がされる可能性があるかを想定して、

答えを考えておくのもいいでしょう。

聞かれたことには堂々と答え、

にこやかな表情を浮かべておけるようにしましょう。

 

見た目の印象は、

面接の場では意外と重要な役割を担っています。

 

わざとらしい笑顔を浮かべていると、

信用のおけない印象を相手に与えてしまいますので、

鏡の前で訓練してみましょう。

 

もちろん、

質疑応答対策をしておくことは面接の基本になりますが、

見た目を整えておくことや、

表情や口調などに心を砕くことも、

面接突破のためには欠かせません。

 

syuusakukakizoe.hatenablog.com

 

就職の面接時には質問を用意しておく

 

 

希望の就職先につくためには、

面接を成功させる必要があります。

 

履歴書の内容が立派でも、

筆記試験が満点でも、

面接に問題があれば、

就職先を決めることは不可能です。

 

働く企業の内容で、

自分の未来がガラリと変わるという

言い方もできるのではないでしょうか。

 

会社側も面接をしていい

人材を獲得したと思っていますが、

雇われる方としても、

より条件がいい会社を選ぶ様にしなくてはならないのです。

 

採用面接では、

担当者側からのいくつかの質問がなされます。

 

実際に面接に行かなければ、

聞かれる内容はわかりませんが、

面接で聞かれやすい質問の答えを、

あらかじめ考えておきましょう。

 

多くの面接では、

企業側の人が質問をして、

こちらが回答をするというスタイルですが、

たまに質問はないかと聞かれます。

 

相手から水を向けられたら、

知りたいと思っていたことを聞いてみるといいでしょう。

 

求められるスキルや、

採用後に自分に求められている役割のことなど、

詳しく聞いてみたいことはいくつもあります。

あまりこちらから

具体的な事を聞くのは良くないと

思うかもしれませんが、

最初に聞いておかなければ、

曖昧なままになってしまってもいけません。

 

ずけずけと聞いたら

悪いんじゃないかと、

あえて質問をしないでいると、

遠慮深いというより、

やる気がない人だと

解釈されることもあります。

 

就職活動の面接を突破するためには、

質問をする姿勢を見せることも、

重要なファクターです。

twitter.com

就職の面接試験を突破するためのポイント

 

 

就職活動を達成するためには、

面接試験をクリアしなければいけないことは、

みんなが理解していることです。

 

絶対に面接を成功させたいと

思っているならば、

何をしておけばいいものでしょうか。

 

生きていくうちで、

人生を大きく左右する

転機となることが起きることがあります。

いつもの日常の中ではついぞ訪れない、

とても張り詰めた時間の一つとして、

採用面接というイベントがあります。

 

企業への採用が決定するまでは、

選考段階が複数あります。

 

書類審査、一次審査、面接と進む中で、

面接を逃すと大変なことになります。

 

緊張の度合いも人それぞれではありますが、

面接試験を受けるにあたって、

全く緊張しないという人は稀でしょう。

 

企業の採用面接とは、

履歴書の内容や、筆記試験だけでは

はかれないことを見るためのものてす。

 

その人の人となりや、

考え方、態度などを見ています。

 

面接に来る立場からしても、

会社に対して自分がいかに

企業にプラスになるかを訴えることがあります。

 

面接に向かう前には、

きちんと準備をしておいて、

どんな発言を相手は求めているかを

じっくり検討することです。

 

入念な準備をしてから面接の場に行くことで、

緊張を緩和させることが可能ですが、

思ってもいない質問が来ることもあります。

 

答えにくい質問をされた時でも、

面接に対する備えができていれば、

緊張しないでうまく答えることができる可能性が高くなります。

 

面接突破の最大ポイントとしては、

平常心で試験を受けることが出来るように、

しっかり準備を怠らないことです。

twitter.com

面接時に質問される転職理由について

 

 

転職時に行われる面接には

いろいろな質問が想定されますが、

中でも多いのが前職を辞めて、

転職をすることになった理由です。

 

転職の動機は言いづらいことや、

大きな声では言えないこともありますが、

そういう場合はどうすればいいでしょう。

 

本当の転職するに至った経緯を、

面接時に本音で話すべきものなのでしょうか。

 

給料や仕事内容のほかにも、

職場の人間関係などに

対する不満があって

転職を決意した人もいることでしょう。

 

前の職場で働いていては、

家族の介護ができないからという理由を持つ人もいます。

 

仕事をしなければお金が稼げませんから、

採用してもらうために、

でき得ることを最大限にするべきですが、

ここで問題となるのが転職する理由を正直に言うべきかということです。

 

いままでの仕事を辞めた理由として、

ネガティブなことを言えば、

新しい仕事でもまた不満があれば辞めてしまうと、

採用担当に受け取られる恐れがあります。

 

それでは、

採用担当者によく見られたい一心で、

自分の可能性を活かしたいからだと、

前向きな言葉を連ねればいいのでしょうか。

 

嘘の受け答えをしてしまうと、

質問でより深い内容を求められたときに、

筋の通った内容のある話ができなくなることも心配です。

 

採用担当者にいい印象を持たせるためには、

ネガティブな理由を別の視点で

ポジティブな内容にしていく方法があります。

 

周りの人と考えが合わずに辞めたという人は、

より可能性を広げられる職場に移ることで、

のびのびと働ける環境を作りたかったと表現できます。

 

面接時で上手に受け答えをするには、

嘘ではないが真実とは少し見方が違う切り口にしておくと、

うまく本音を隠す事ができます。

twitter.com