まだサラリーマンやってんの?

フリーライターとして見える道

無理は禁物!妊娠中ののダイエットは慎重に!妊婦でも瘦せる方法を公開

f:id:syuusakukakizoe:20171013092756j:plain

出典:http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1276

 

 皆さん、こんんちわ!

管理人のサラリーマンXです。

昨日より大好きなドクターXが始まり、

木曜日の楽しみが増えました!!

 

やっぱりあの、

「わたし、失敗しないので!!」

って、かっこよすぎますね。

 

そんなドクターXに憧れて、

サラリーマンXと名乗っているのですが、

最近は、組織をどう変えれば、組織が生きるのかって

所を必死で考えています。

 

意外に真面目でしょ?

さて今回は、

妊娠している方のダイエットに関しての

記事となります。

 

妊娠中のダイエットは、

生まれてくるお子様の為にも、

本当に気をつけなければなりませんよね。

 

 

運動ゼロ!食事制限ゼロ!追加費用ゼロ!【ゼロ★ダイエット】

 

 

妊娠中のダイエットについて

 

 

妊婦の体重コントロールは重要であり、

妊娠中は肥満に注意をする必要があります。

 

妊娠中は、

きちんと栄養を摂取することが

重要だといいますが、

より大事なことは、

体重の調節をきちんとできるようにしておくことです。

 

妊娠中に体重が多くなりすぎると、

妊娠高血圧症候群や、

腰痛、糖尿病などの身体的な

問題が発生することがあるといいます。

 

体調を崩してしまうこと自体も問題ですが、

妊娠中の肥満は

妊娠線ができるようになるなど、

お肌の状態にも問題が出てきます。

 

妊娠中に体重がオーバー気味の人は、

産婦人科の先生から食事をセーブしたり、

運動をするように指導されることもあるようです。

 

ダイエットを意識して、

肥満対策を心がけながら

妊娠中を過ごしている女性もいます。

 

妊娠中は無闇なダイエットはできませんので、

適切なカロリー量で食事をすることや、

栄養バランスにも気をつけることが重要です。

 

生活リズムを整えることや、

適度に体を動かすこと、

食事の栄養バランスを見直すことが、

妊娠中のダイエットのポイントです。

 

野菜を多く食べられるようなメニューにして、

カロリーが高くなりすぎないようにすることが大事です。

 

あまり野菜を食べる機会がないという人は、

鍋料理やサラダにして野菜の量を増やしたり、

肉ではなく魚を食べるなどの工夫をします。

 

妊娠中にダイエットしなければならない時には、

決して無理をせず、

体調の変化に気をつけながら、

慎重にすすめることが大切です。

妊娠中の食事は、

カロリーが多すぎないように注意をしながら、

バランスよく栄養を補給していきましょう。

 

妊娠中の人にはダイエット食品がおすすめ

 

 

妊婦の状態によっては、

妊娠中でもダイエットをしたほうがいいことがあります。

 

妊娠中に増えすぎた体重を減らすためには、

ダイエット食品を

活用すれば摂取カロリーを調整することが可能です。

 

妊婦の体調は妊娠のどの時期になったかで

変化が生じるものであり、

妊娠中でも安定期になると食欲が戻り食べる気が出てきます。

 

それまでつわりで物が食べられなかった人でも、

つわりが終わるころには食欲が戻り、

反動で食べ過ぎてしまうということもあります。

 

妊娠中の太りすぎは、

母体に負荷がかかりますので要注意です。

 

妊娠中は、

最終的に+8㎏程度にとどめておくと、

体にもいいと言われています。

 

妊娠中に肥満体型になると、

糖尿病や、

高血圧の症状が出やすくなります。

 

食事は赤ちゃんのためにも必要ですが、

量はほどほどにすることがポイントです。

 

妊娠中に肥満になると、

産道が脂肪で狭まりやすくなり、

赤ちゃんが生まれる時に時間が

かかるようになると言われています。

 

お腹に赤ちゃんがいることで、

いつも以上に食欲が出てしまいがちですが、

食事内容に気をつけて、

体重をコントロールする努力が必要です。

 

心身ともにゆったりと過ごすことが

妊娠期では大事ですので、

食事の内容や分量を過度に気にかけて、

ストレスを溜め込まないようにしましょう。

 

妊娠中に低カロリーの食事をしたい場合は

ダイエット食品が役に立ちます。

 

ダイエット中でも体に必要な栄養が配合されており、

低カロリーで腹持ちのいいメニューが揃っていますので、

妊娠中でも便利です。

 

ダイエット用のマフィンやビスケットは、

よく噛んで食べることができて、

満腹中枢も刺激されますので、

おやつが欲しい時などに役立つでしょう。

 

妊娠中にダイエットする時に注意しておきたいこと

 

 

一昔前の妊婦さんは子どもの分まで食べろと

言われていましたが、

現代の妊婦さんは事情が変わってきています。

 

妊娠から出産まで、

どのように体重が増えていくことが望ましいかが、

細かくチェックされています。

 

そのため、

妊娠中でも体重が増加しすぎたために、

ダイエットの必要性が生じたという人も多いと言われています。

 

定期健診で常に母子の状態を

チェックしていますが、

体重の増加が激しいと、

ダイエットをするよう医師に言われたりします。

 

妊娠したばかりの時は

つわりがひどく、

食べたくても食事がのどを通らない時期が続きます。

 

それが終わって安定期になると

食事に対する欲求が高まります。

 

妊娠中の症状には個人差がありますが、

たくさん食べたくなるという方は多いようです。

 

お腹の赤ちゃんのためには、

あまり極端なダイエットは禁物です。

 

ダイエットの方法は慎重に選択する必要があります。

 

食事による栄養摂取が妊娠中に滞ると、

生まれた子供が低体重児になってしまうこともあります。

プロテインや、

脂肪代謝を促進するものは、

妊娠中は絶対に使わないようにすることが

求められています。

 

お腹の赤ちゃんの成長を阻害するなどの理由から、

特定のサプリメントは、

妊娠中は使わないようにというただし書きが入っています。

 

ダイエットのために酵素ドリンクを使う人もいますが、

極端な食事制限をしていなければ利用できます。

 

1日の摂取量や、

飲み方などを把握した上で、

正しい飲み方で酵素ドリンクを飲みます。

酵素だけなら、胎児に悪合い影響が出るものではありません。

 

 

syuusakukakizoe.hatenablog.com

 

 

syuusakukakizoe.hatenablog.com

 

 

syuusakukakizoe.hatenablog.com