まだサラリーマンやってんの?

フリーライターとして見える道

クレジットカードの作り方 初心者が知っておく大切な事5選

 

皆さんこんにちは!

管理人のサラリーマンXです。

ドクターXが遂に始まり、

楽しみが増えたわけですが、

今回のシリーズの初回は、

なんと視聴率20%を越えているそうですよ。

半端ない人気がこの数字を見ても分かりますね。

 

さて、今回は、

クレジットカードに関しての記事となります。

 

今は、非常に便利な世の中になり、

数多くの方々がクレジットカードを利用されていますね。

 

基本的に僕は、

ガソリン、高額なものを購入するときの分割に利用しています。

先月冷蔵庫が急に壊れてしまい、

家電店に行くと、

16万円。

しかし、すぐに使用するものなので、

しぶしぶクレジットカードで12回払いにしました。

でも、

持っていなかったら購入できなかったので、

本当に便利だと思いました。

 

財布にお金を入れなくても済みますので、

特に旅行などで大金を持ち運ぶ際は、

財布を落としたり、盗まれたり怖いので、

お金を持ち運ばずに、

カードでの支払いが便利だと思いますよ。

 

 

 

クレジットカードの契約の手続きについて

 

クレジットカードは、

多くの人に利用されており、

持っているのが当たり前のようになってきました。

 

中には一人で複数枚のクレジットカードを

所有している人もいますし、

学生や、主婦でも使っている人は珍しくありません。

 

最近では、

公共料金や電話料金を

クレジットカード払いで済ませている人もいますし、

毎日の小さな買い物でもクレジットカードが活躍しています。

 

財布の中に現金がなくても買い物ができることが、

クレジットカードの嬉しいところです。

 

ポイントを貯めることによって、

商品券や電子マネーにチャージすることが

できるのもクレジットカードの人気がある理由でしょう。

 

最近では、

クレジットカードを新しく発行したい時は、

パソコンや携帯の操作で簡単にできます。

 

申込む時は、

用意しなければならないものがあります。

 

まずは何が必要なのか事前に調べた上で、

予め準備しておきましょう。

 

クレジットカードの申し込みでは、

本人が確認できる書類の写しは必須です

 

パスポートや、

運転免許証が必要になります。

 

住民票が必要になることがありますが、

これは現住所と、

本人確認書類に書かれている住所が

別々なものである時などです。

 

クレジットカード会社は、

申し込み者の信用能力を確認するために、

申し込み書の内容から審査をして、

カードを発行するかを決めます。

 

毎月決まった収入がない人は、

返済能力が無いと判断されるため、

申込みの審査に通ることが難しくなります。

 

申し込み時の審査で問題なしと判断されれば、

自分用のクレジットカードを発行してもらえます。

 

クレジットカードの契約を申し込む方法

 

 

クレジットカードを所有するためには、

クレジットカード会社とカード発行の契約を交わします。

 

クレジットカードの申込みをした時に、

クレジットカード会社による審査が行われた後に、

契約の手続きをすることとなります。

 

様々なクレジットカードが流通するようになったことで、

クレジットカードの契約方法は多様化しています。

 

流通業に関わる業種が発行しているクレジットカードは、

気軽に申し込みができるように、

専用のコーナーが店内に設けられています。

 

店舗に設置されている窓口で

直接申込書へ記入して、

クレジットカードの契約申し込みが

できるようになっています。

 

クレジットカードの中でも

信販系の金融会社なら、

店に足を運び、

店頭窓口でクレジットカードの契約をします。

 

商品を買う時に、

購入手続きと同時にクレジットカードの

申し込みを行うこともあります。

 

銀行のクレジットカードを申し込む場合は、

口座の開設をする時に一緒に申し込むことができます。

 

最近は、

ネットに申し込み用のページが用意されていて、

自宅にいながらクレジットカードの契約も可能です。

 

最近は、

ネット環境が整ったことによって、

パソコンや、

携帯器機を活用して、

遠隔地からのクレジットカードの申し込みが可能です。

 

契約までの手続きを即日対応できる会社もありますし、

必要書類の提出をFAXでの送付や、

スマートフォンのカメラで撮影した画像の送信で

済ませられる会社もあります。

 

もしも、できるだけ早くクレジットカードの契約をしたいなら、

インターネットを活用してください。

 

クレジットカード契約の審査に通るためには

 

 

クレジットカード会社から、

審査をしてからカードの発行を決めているのは、

信用能力を見極めるためです

 

顧客がどれだけ望んでも、

審査でダメだと言われれば、

クレジットカードを

その会社でつくってもらえることはありません。

 

クレジットカードの審査では、

勤務先、勤続年数、家族構成だけでなく、

ローンの利用状況や、

返済状況などをチェックします。

 

審査で落とされたという情報も半年は記録されますので、

立て続けに新しいクレジットカード会社に

申し込みをしても無駄です。

 

クレジットカードの申し込みをする時には、

どんな基準で審査をしているのかを理解してから、

申し込みを行うしまょう。

 

クレジットカードを発行してもらう場合、

自分にとって使いやすいカードの吟味が大事です。

 

クレジットカードを次々と新しく契約し、

従来のものを解約して、

新規特典ばかりもらっていると、

審査で断られやすくなります。

 

既に、数枚のクレジットカードを使っている人の場合、

審査を受けても認められないこともあります。

 

普段は使っていないクレジットカードがあったら

解約手続きをとるなどして、

使うカードだけを残しておきましょう。

 

申し込み内容に虚偽や書き間違いがあると、

審査で断られてしまうことがあります。

 

ネットなら文字の汚さも目立ちません。

 

書き間違いが原因で、

せっかく申し込んだに断られてしまっては

もったいない話です。

 

コンスタントに毎月の収入が確保できていて、

仕事も安定しており、

家や財産を所有していると審査はうまくいきます。

 

ブラックでもOKのクレジットカード

 

 

自分の名前はブラックリストにあるだろうけれど、

クレジットカードが欲しいということがあります。

 

借りたお金を長期間返せなかったり、

債務整理をしているとブラックリスト入りします。

 

ブラックリストに名前が入っているうちは、

新しくお金を借りたいと思っても、

まず借りることはできないでしょう。

 

ブラックリスト入りしているからという理由で、

クレジットカードに断られたり、

キャッシングができないのは、

一般的な話です。

 

ですが実情はといえば、

ブラックリストに名を連ねながら、

クレジットカードを使う人もいます。

 

実際にはブラックリスト

情報が登録されている人でも、

審査に通るというクレジットカードも

存在しているのが現状です。

 

顧客の立場からすれば、

ブラックリストに名前があっても

構わずクレジットカードを

つくってもらえれば嬉しいでしょう。

 

本当であれば審査の時点で断られるはずが、

クレジットカードをつくってもらってもいいでしょうか。

 

クレジットカードの発行には、

審査が必ず行われます。

 

そして、

審査の結果からOKだと判断された人だけが、

金融会社からクレジットカードを発行してもらえます。

 

ブラックリストに名前が載っていて、

クレジットカードの審査に通ることは、

まずありえません。

 

きちんとした審査をしていないから、

ブラックリストに入っている人でも、

審査を突破しているのかもしれません。

 

従ってブラックでも利用できる

クレジットカードなんて

魅力的だと思う人もいるかもしれませんが、

自分の将来の事を考えると利用するのは

思いとどまる方が無難です。

 

クレジットカードのブラックリストの情報について

 

 

もしも、

クレジットカードの支払いが

支払い日までにできないと、

滞納記録として個人の信用情報に

しばらくの間記載されます。

 

ブラックリストは、

クレジットカードやキャッシングの

支払いを長期間遅らせたことがある人のリストです。

 

支払いを忘れていたり、

不測のトラブルで数日だけ支払いが遅れたくらいでは

ブラックリストになりませんが、

長期滞納などは問題となります。

 

一度ブラックリストに名前が入ると、

今使っているクレジットカードは、

使えなくなってしまうことが多いようです。

 

現時点で所有しているクレジットカードを使えない以上、

新規のクレジットカードをつくるしかないという人もいますが、

審査で断られます。

 

ブラックリストから名前が消えない限りは、

どんなクレジットカード会社に申し込んでも、

審査を通過することはほぼありません。

 

問題をこれ以上起こさずにいれば、

ブラックリストに名前は消えますので、

それからクレジットカードを持つようにすればいいでしょう。

 

情報から残る期間は限度がもうけられています。

 

例えば、CICという信用情報機関では、

ブラックリストの情報を約5年にわたってのこします。

 

たとえブラックリストに名前が載っても、

その後5年、延滞や、貸し倒れ等のトラブルを起こさなければ、

名前は消去されます。

 

もしも、キャッシングやローンを利用している時に、

返済が難しくなったら、

早めに対策をとっておくことです。

 

どうしても支払いが難しいという場合は、

債務整理なり、破産申告なりをして、

届け出をする必要があります。

 

一日でも早くブラックリストに名前が

残らないようにしたいならば、

まずは今の取引を完了させてしまうことです。

 

おすすめのクレジットカード

 

Yahoo! JAPAN(ヤフージャパン)が運営するクレジットカード

 Yahoo! JAPANが運営するクレジットカード。 ブランドは充実のラインナップ、VISA/MASTER/JCB。 年会費永年無料。 お買い物100円毎に1ポイントたまるYahoo!ショッピングでのお買い物なら、 なんと通常の3倍の高還元率! プラチナ補償も最大3ヶ月無料 

 

 

☆★楽天カード新規入会キャンペーン★☆
「年会費無料!新規入会でもれなく楽天スーパーポイントがもらえる」 キャンペーン期間中に入会された方にはもれなく、 楽天市場で使える2000円分の楽天スーパーポイントプレゼント中!