かきぞえネット

フリーライターとして見える道

ニキビに対策!正しい生活習慣とニキビに効果的な塗り薬!

 

 

 

にきびが肌に出来てしまう原因

 

 

にきびに悩む人は多く、

にきびが出来たことが無い人は

ほとんどいないことでしょう。

 

十代の頃のにきびと、

大人になってからできるにきびは、

見た目は同じようなものですが、

成り立ちが違います。

 

にきびケアで大事なことは、

どんな原因でにきびができたかを知り、

原因に合わせたケアをすることです。

 

たとえば、

思春期の肌にできるにきびの場合、

皮脂が過剰に分泌されることによって起こる毛穴の詰まりが、

主な原因であると言われています。

 

それに対して、

 

大人の肌にできるにきびは、

主に肌が乾燥することと古くなった角質が蓄積されることが、

にきびの原因であるとされています。

 

両方のにきびに共通していることといえば、

生活習慣にお肌の状態を悪くする要因があるということです。

 

睡眠不足や生活の中での

ストレスから生じるホルモンの乱れが、

にきびの原因になっていることが多いそうです。

 

食習慣や、食事内容にも気をつけて、

体に必要な栄養が摂れるような

食事を心がけることもポイントになります。

 

にきびのないお肌になるためには、

クレンジングや洗顔ケアをする時に、

お肌に負担を与え過ぎないように心がけることです。

 

メイク落としや洗顔は簡単なことのように思えますが、

間違った方法によって、

にきびが出来てしまう原因になっている場合もあります。

 

たとえば、

クレンジングや洗顔の際に汚れをしっかり落とそうとするあまり、

顔を強くこすってしまう人が少なくないようです。

洗顔や、クレンジングのやりすぎが原因で肌の水分が失われ、

本来肌が持っていたバリア機能が

低下してしまうこともあるといいます。

 

皮膚科で行われるにきびの治療法

 

 

ドラッグストアには、

にきびの治療に効果的な薬が売り出されていますので、

家庭でのケアである程度の対処は可能です。

 

市販の薬ではにきび対策ができてないとう人は、

皮膚科の病院で診察をしてもらうことが効果的です。

 

にきびの症状は人によって色々で、

深刻な症状であれば、

病院に行く必要があります。

 

原因は、毛穴に皮脂汚れや、

角質層が詰まってしまうことです。

 

若いうちはにきびになりやすいが、

大人になる自然と減っていくと考えている人もいますが、

成人してからもにきびはできます。

 

程度の軽いにきびなら、

抗生物質の入った塗り薬や、

病院から出る飲み薬で対応ができます。

 

この他には、

にきびの治療をするためには、

ビタミン剤の摂取や、

ホルモン療法を行うことがあります。

 

最近では、

皮膚科で診察を受けた場合でも、

にきびに対して直接どうこうする

という病院は減ってきています。

 

顔のあちこちににきびができている人や、

しょっちゅうにきびができてそれが悪化している人は、

肌の状態が全く違っています。

 

にきびができる皮膚の状態を変えるために、

ケミカルピーリングを施しているような皮膚科もあります。

 

にきび治療には、

程度のひどいにきびに対して、

抗生物質や、ステロイド剤の注射という形で、

アプローチをすることもあるようです。

 

皮膚科を利用することで、

自分なりの方法では改善しないにきびの治療が可能になります。

栄養の偏った食事や、

睡眠不足、ストレスなどが

にきびの要因になっていますので、

にきび治療後にも、

健康的な食事や生活を心がけていきましょう。

 

にきびの原因と治療する方法

 

 

にきびは、

思春期に大量に症状が出る人が多いので、

青春のシンボル等と表現されることもあります。

 

一旦にきびができてしまった場合、

放置していれば治るという可能性もありますが、

人によってはどんどん状態が悪くなるということもあります。

 

にきびが出来る原因は、

皮脂の分泌量の増加に伴う常在細菌の増殖であり、

誰にでも起こりうるものです。

 

にきびの症状は、

周囲が赤く、

小さな赤い粒になってできることから、

黍を連想するためについています。

 

にきびを治療するためには、

皮膚の表面部分だけに

アプローチする方法では不十分で、

根本的に解消することは出来ません。

 

表面部分のにきびが無くなったとしても、

にきびが出来る原因となった皮脂の問題を残していては、

いずれにきびが再発してしまいます。

 

思春期以降に出来るにきびは、

ホルモンバランスの崩れによる

皮脂の増加が原因となっている場合がほとんどです。

 

規則正しい、

体にいい生活習慣にすることで、

にきびになりにくい肌が作れます。

 

具体的には、

適度な運動によるストレスの

解消や栄養バランスのとれた食事を摂取するということです。

 

油や砂糖の多い食事をしていたり、

タバコやアルコールをたしなみ過ぎていたりすると、

にきび肌の状態はよくなりません。

 

にきびに悩んでいる人は、

そもそもにきびが出来てしまう原因をよく理解した上で、

原因そのものを取り除くことをしなければなりません。

 

皮膚の表面的な治療だけでなく、

身体の内側の問題も改善することが、

にきび治療に効果のある方法と言えます。

 

にきび治療の薬について

 

 

にきびの問題を軽視する人が多いのは、

にきびができたからといつて

死ぬようなことは決してないからでしょう。

 

にきびができるくらいは

我慢すればいいという考え方で、

にきびを軽視している人は大勢いるようです。

 

ただし、人によって差異がある中で、

にきびが深い悩みの種だという方もいるようです。

 

顔など目立つ部分にできることが多く、

それが気になり、

外出できない人もいる程です。

 

そこまで問題が大きくなくても、

にきびがあるとずっと存在が気になってしまい、

日々の生活が穏やかにできなくなる人もいます。

 

にきびの症状が悪化すると、

皮膚に赤い痕跡が残ったり、

へこみができたりします。

 

お肌ににきびの痕が残ってしまわないように、

にきびができたら症状が悪化する前にケアをすることが大事になります。

 

病院にかかれば、

にきびの症状を和らげるための塗り薬や、

飲み薬などを出してもらえます。

 

にきびを治療するための薬は

ドラッグストアでも販売されていますが、

病院の薬のほうが高い効果が期待できます。

 

薬はにきびができるのを抑えたり、

軽減したりする作用があり、

治療として効果的ですが、

にきびができないような

生活習慣を身につけることも重要です。

 

ファンデーションをつけたまま放置していると、

にきびの原因菌であるアクネ菌が増殖しやすくなりますので、

家に帰ったら速やかに化粧は落としましょう。

 

疲労の蓄積や、

ストレス過多な生活、

十分な睡眠がとれず、

栄養の偏った食事などは肌に悪いため、

にきび治療にはこれらの改善が必須になります。

 

にきびに効果的塗り薬ランキング

 5位 

 

【第3類医薬品】ビフナイトnニキビ治療薬 18g

【第3類医薬品】ビフナイトnニキビ治療薬 18g

 

 

 4位

【第2類医薬品】オロナインH軟膏 100g

【第2類医薬品】オロナインH軟膏 100g

 

 

 3位

Acnes(アクネス) 薬用アクネジェル 18g【医薬部外品】

Acnes(アクネス) 薬用アクネジェル 18g【医薬部外品】

 

 

 2位

【第2類医薬品】ペアアクネクリームW 24g ※セルフメディケーション税制対象商品

【第2類医薬品】ペアアクネクリームW 24g ※セルフメディケーション税制対象商品

 

 

 1位

【指定第2類医薬品】テラ・コートリル軟膏a 6g

【指定第2類医薬品】テラ・コートリル軟膏a 6g