かきぞえネット

フリーライターとして見える道

ストレッチで効果的なダイエット!ストレッチはいつするのが良い?ストレッチで美容効果まで?

f:id:syuusakukakizoe:20171024095413j:plain

出典:https://allabout.co.jp/matome/cl000000010352/

 

 

ストレッチはなぜダイエット効果があるのか

 

 

健康のためや、

美容のためにダイエットをやったことがある人は大勢いますが、

大抵の人が、

体を動かしたり、

食事を見直すダイエットを行っています。

 

運動量が多くなければ、

ダイエットができないということはありません。

 

ストレッチ運動ダイエットもあります。

スポーツのような華やかさはないものの、

ストレッチは続けることで代謝の高い体質になることができる運動です。

 

新陳代謝を高くするためには、

筋肉の増強をはかることが効果があるといいます。

 

お腹を鍛えるには腹筋を、

腕の筋肉を鍛えるには腕立て伏せという印象は多くの人が抱いています。

 

ストレッチのような、

筋肉の曲げ伸ばしを主体とするような運動でも、

筋肉の増強効果が期待できると言われています。

 

ある程度の筋肉がないと、

ストレッチをしても筋肉を鍛えることはできませんので、

最初の運動が肝心になってきます。

 

スポーツや運動を好まない人は、

1日数分のストレッチの時間をもうけることで、

ダイエット効果を引き出しやすくなります。

 

朝から晩まで立ちっぱなし、

あるいは座りっぱなしで体を動かすことが少ない人は、

ストレッチで血流を改善しましょう。

 

ずっと姿勢を変えずにいると、

筋肉が伸びたまま、

あるいは縮んだままで固くなり、

疲労物質が蓄積されたり、

血液の流れが停滞したりして、

エネルギー代謝が悪くなります。

 

体脂肪を燃焼させるためには、

血液に酸素を取り入れて、

筋肉にまで送り届けることが大事です。

 

ストレッチは、筋肉をほぐして血液を巡りやすくします。

ストレッチ運動なら、

1日数分でできますし、

広いスペースがなくても行うことが可能です。

 

twitter.com

ストレッチによるダイエットが体に良い理由について

 

 

ストレッチは、

ただ脂肪を燃やすだけでなく、

体脂肪をエネルギーに変えやすい体づくりによいといいます。

 

ストレッチは、

ダイエットに役立つばかりではなく、

健康にもいい影響が色々とあります。

 

病気予防や、

老化対策にも効果があると言われています。

 

1日じゅう同じ姿勢をしている人や、

年による体の老化が気になってきたという人には、

ストレッチが向いています。

 

体の隅々まで血液が流れるようにストレッチを行うことで、

四肢の冷えに悩まされていた人や、

むくみのひどい人も、

症状緩和が期待できます。

 

むくみは太って見える一因でもあるので、

ストレッチによる運動は

ダイエット効果をもたらしてくれます。

 

脂肪とむくみは全く別のものですので、

脂肪を減らしても

むくみがなくなりはしませんが、

ストレッチで新陳代謝を活性化すれば、

むくみはおのづとなくなります。

 

体内を巡っている血液や、

リンパ液を流れやすくすることで、

むくみが減り、

体が細くなって見えます。

 

体内に存在するリンパ液の循環が悪くなると、

体の中に不要な老廃物が排出されずに残りますが、

ストレッチではむくみ予防が可能です。

 

皮下脂肪の多い場所にできるセルライトは、

本来なら体から出さなければいけない老廃物が、

皮下脂肪に結びついてできてしまったものです。

 

セルライトがあるとダイエットをしづらくなりますが、

ストレッチはセルライト予防に有効です。

 

ストレッチを行うことによって

ダイエット効果だけでなく

美肌効果も手に入れることができるのです。

 

専用の器具や、

設備がなくても、

ストレッチならば簡単に取り組めて、

ダイエット効果を上げることができるでしょう。

 

twitter.com

ストレッチで効果的にダイエットする方法

 

ダイエットのためにストレッチをしたいなら、

どんな方法か有効でしょうか。

 

効果的なダイエットストレッチをしたいならば、

どんな時間にストレッチを行うかに

注意をするといいと言われています。

 

バスタイムの直後にストレッチを

するとダイエットに有効です。

 

なぜ入浴後なのかというと、

入浴後は体が温まることによって

程よく筋肉が柔らかくなっているため、

筋肉が通常より伸びやすくなっているからです。

 

 

ALINCO(アルインコ) マルチ チューブSOFT(ソフト) EXG114R (ストレッチ 肩こり防止用)

ALINCO(アルインコ) マルチ チューブSOFT(ソフト) EXG114R (ストレッチ 肩こり防止用)

 

 

緊張から解き放たれて、

一息ついている時であることも、

ストレッチに適している要因の一つです。

 

朝、起床後は筋肉が固くなっていますので、

ストレッチをしてもダイエットの効率が高くないことは、

知っておく必要があります。

 

筋肉がまだ固い段階で、

強引なストレッチをしていると、

筋肉に負担が強いられて、

結果的に筋肉の機能を損ねてしまう場合がありますので、

要注意です。

 

それ以外には、

ストレッチは食事後30分以上が経過してから

行うようにしていきましょう。

 

食後30分は消化機能が盛んに働いていますので、

その間は運動や風呂もおすすめしません。

 

 

ALINCO(アルインコ) マルチ チューブHARD(ハード) EXG114A (ストレッチ 肩こり防止用)

ALINCO(アルインコ) マルチ チューブHARD(ハード) EXG114A (ストレッチ 肩こり防止用)

 

 

食後に血流をよくしてしまうと、

消化のために胃腸に集まっていた血液が

分散してしまって、

消化を阻害してしまうからです。

 

泳いだり、

走ったりといった運動と違って、

ストレッチは体全体を

一気に使う運動にはなりません。

 

体の中でこの部分を使いたいという場所の

筋肉を使う運動です。

 

ストレッチの方法は様々です。

腕、足、肩、お腹、ふくらはぎなど、

使いたい筋肉を効果的に動かせるようなストレッチをして、

ダイエットに活かしましょう。

 

 

 

syuusakukakizoe.hatenablog.com

 

 

syuusakukakizoe.hatenablog.com

 ストレッチと運動によって効率よくダイエットをする

 

 

ダイエットのために食事量を減らしすぎたり、

運動をしすぎて、

具合を悪くするケースがあります。

 

ダイエットがうまくいかなった原因に、

きついダイエットで具合を悪くして、

ダイエットが再開できなかったというものがあります。

 

ダイエットのために運動に取り組んでいたけれど、

無理がたたって故障箇所ができてしまい、

回復するまで運動ができずに太ってしまった人もいます。

 

日頃の運動量が足りていなかったために、

体重が多くなった以外にも、

健康状態の悪化を招いたという方もいます。

 

運動量が足りないという自覚はあっても、

慌ただしい日々を送っていると、

運動の機会も得づらいものです。

 

ダイエットや健康のために運動の必要性を感じている人は、

ストレッチをしてみるといいかもしれません。

 

特別な身体能力や体力がないという人でも、

自分にできる範囲で取り組めるストレッチは

とてもお気軽な運動です。

 

ダイエットのために運動をしている人は、

ウォーミングアップとしてストレッチをすれば

ダイエット効果がよりアップします。

 

ダイエットの成功率をより高めるために、

メインの方法と併用する形でストレッチを

用いるようにするといいでしょう。

 

ダイエットを達成するためには、

ストレッチを運動の中に組み合わせることがポイントになります。

 

体にいいダイエットをするためには、

ストレッチはとても大事な役割を果たしています。

 

ストレッチは、

ダイエットのために軽い運動にチャレンジしたいという人や、

健康のために少しは体を動かしておきたいという人にはぴったりです。

 

ストレッチによるダイエット方法について

 

 

ダイエットのため、

健康な体づくりのためなど、

ストレッチをする人の目的は多種多様で、

そのやり方も違います。

 

ストレッチをするのは、

運動をする前や、

運動をする後だという方も少なくありません。

 

ウォーミングアップをしてからジョギングをしている方でも、

ストレッチを意識した運動はあまりしてないという人もいます。

 

ジョギング前にストレッチをしている人の多くは、

体重を減らしたいからというより、

けがなく運動をするために行っています。

 

ストレッチは様々なやり方がありますが、

ダイエットにいいストレッチで

脂肪燃焼を促進することが可能です。

 

ただし、

体重を減らすためのダイエットをするなら、

ストレッチだけでは不十分です。

 

食事量を減らせば、

体重への影響は如実に表れますが、

ストレッチは体を柔らかくし、

血流をよくして、

ダイエットをサポートするものです。

 

運動前にストレッチをしておくことで、

柔らかくなった体が動かしやすくなり、

その分、

効果的な運動ができるようになるというわけです。

 

普段と同じ運動をしても、

ストレッチをしてからの運動のほうが体が動かしやすく、

ダイエットの効果も期待できます。

 

ストレッチによって体がよく動かせるようになるように、

関節部分の筋肉を刺激するようなストレッチが

ダイエット敵視しています。

 

ほとんどの運動は手足を動かすものですので、

ストレッチを行う時は骨盤や肩、

股関節を使う動きを取り入れるといいと言われています。

 

スムーズに体が動けば、

その分だけ運動がやりやすくなり、

ダイエットの効果が高まります。

 

そのために、運動前のストレッチは大事なのです。