かきぞえネット

フリーライターとして見える道

暗号通貨Quanta(クオンタ)はなぜ詐欺といわれるの?

今すごく話題となっているのが、
暗号通貨であるQuanta(クオンタ)ですね。

暗号通貨で皆さんが知っているのは、
ビットコインイーサリアムリップルといったところでしょうか。
今回は、今すごく話題となり注目を浴びている
暗号通貨Quanta(クオンタ)について詳しく紹介したいと思います。

 

暗号通貨Quanta(クオンタ)とは?

それではまず、
Quanta(クオンタ)がなぜ注目集めているのかを
見ていきたいと思います。

 

Quanta(クオンタ)は、
次世代の宝くじとして注目されているのです。

 

宝くじの一番の魅力はやはり、1等〇億円といった夢を
購入することですよね。

 

誰もが一度は、購入したことがあるのではないでしょうか?

実はこの宝くじの現状の仕組みは、
還元率が50%以下となっていることを
皆さんご存知ですか?

 

還元率が50%を切っている理由としては、
人件費や販売元の都道府県、政令指定都市の収入に
なっているからなんです。

 

ですので、こういった仕組みを知ってしまうと、
もっと還元率が良ければ現金を多く得ることができたのでは?
っていう風になりますよね。

 

そんな問題を解決してくれるのが
この次世代の宝くじである
Quanta(クオンタ)なんです。

Quanta(クオンタ)の還元率は85%です。
そして、人が全く介入しないので
まず、不正行為が全くなく安心して購入する事ができます。
また、世界の誰もが購入できるという
世界の宝くじとしても注目を浴びています。

 

更にQuanta(クオンタ)には魅力があります。
それは、Quanta(クオンタ)の株主のような存在に
なれるQNTという暗号トークンを購入することができます。

 

このQNTを保有することで、
Quanata(クオンタ)で開催される宝くじの
総売り上げの5%がQNT保有者の保有率によって
分配される仕組みとなっています。

 

また一定以上のQNTを保有することで販売代理店の権利まで
手に入れることができるということで、
魅力ばかりですね。

 

世界中の宝くじですので、
一度の宝くじの総売り上げは相当な金額になる事が
予想できるので、
Quanta(クアンタ)のQNTにも注目されているわけです。

 

そんなQuannta(クオンタ)をネットなどで
調べてみると、
Quanta(クオンタ)詐欺などと検索でできてきます。

 

この詐欺と言われる理由について
詳しく説明したいと思います。

暗号通貨Quanta(クオンタ)はなぜ詐欺と出回っているのか?

Quanta(クオンタ)を検索すると
詐欺ってよく出てきます。

 

注目しているQuanta(クオンタ)が詐欺なんて言われたら
悔しいのは私だけでしょうか?

 

実は、詐欺と思われても仕方がない現状があります。

それは、Quanta(クオンタ)のプレセールが終了し、
上場を控えいる状態が長く続いているからなんです。

 

実は、上場予定は2017年の3月中でしたので、
延期状態が続いていますよね。

 

そこでプレセールで購入した方々は、
上場しないじゃないか?
上場詐欺だ!!
と言ってもおかしくない状態にはあります。

 

現在もいつ上場されるのかについては
情報がない状態ですが、
日本各地でQuanta(クオンタ)のセミナーは行われていますので
ですので、
セミナーまでやっているのですから
詐欺ではないと思います。

 

近々、早い段階で上場されるのではないかと考えています。

しかし、
本当に魅力的な暗号通貨で
楽しみがまた一つ増えました。