かきぞえネット

フリーライターとして見える道

【なでしこジャパン】高倉麻子監督のプロフィールや実績!高倉麻子監督の挑戦がこれから始まる!

ã¯ãªãã¯ããã¨æ°ããã¦ã£ã³ãã¦ã§éãã¾ã

出典:http://life-watcher.com/4970.html

 

皆さんこんにちは!
管理人のカッキ‐です!

さて、本日よりサッカー女子日本代表であるなでしこジャパンの大切な大会である
アジアカップ2018が開催されます。

 

【なでしこジャパン】AFCアジアアジアカップ2018 W杯最終予選に挑む選手やグループステージは?テレビ放送や最新のFIFAランキング! - かきぞえネット

 

この大会がどれだけ大切なのかというと、
来年の2019年のワールドカップの最終予選も含まれているという事なんです。

 

この大会で、5位までがワールドカップの出場権を得ることになりますが、
現在、世界ランキングでは11位とアジアではオーストラリアに続く2位ですので
しっかりと結果を残してほしいですね。

 

今回は、佐々木則夫監督からなでしこジャパンの監督を引き継いだ
日本人女性監督である高倉麻子監督について詳しく調査していきたいと思います。高倉麻子監督がかわいいなどという声も沢山あがっていますが、指導者としての高倉麻子をしっかりと見てほしいと思います。


なでしこジャパン 澤穂希×高倉監督 再び世界一へ

 

 

 

なでしこジャパン高倉麻子監督のプロフィールは?

ワールドカップ2011で見事に優勝し、

ワールドカップ2015でも準優勝と
素晴らしい結果を残した佐々木則夫監督の後任となった高倉麻子監督。

 

これだけの成績を残した佐々木夫監督の後任ですので

すごくプレッシャーもあると思いますが、
まずは、高倉麻子監督のプロフィールから見ていきたいと思います。

 

 

個を生かし和を奏でる: 世界一に挑む45の流儀

個を生かし和を奏でる: 世界一に挑む45の流儀

 

 

名前:高倉麻子(たかくらあさこ)
生年月日:1968年4月19日
出身地:福島県福島市
身長:163㎝
職業:サッカー指導者

 

高倉麻子監督は、小さな頃からサッカーをやっていました。
小学生の頃は、男子に混ざって練習を行っていたようです。

 

この当時は、女子でサッカーをやっている選手は少なく、
テレビ番組で取り上げられたこともあるそうです。

 

中学生になると東京都のFCジンナンに入部するのですが、
高倉麻子の出身地は福島県福島市ですよね。

 

実は、高倉麻子は、大学に入学するまで、週末はずっと東京まで通っていたそうです。
それだけ、サッカーの情熱を持っていたことが分かりますよね。

 

その後、大学を卒業してからは、
日テレ・ベレーザに入団し、
日本女子代表メンバーにも選出され、
日本サッカー界を引っ張る存在となりました。

 

そんな高倉麻子は、アメリカのシリコンバレー・レッドデビルスにも
海外移籍まで行っているのです。

 

その後、2004年に選手として引退し、
サッカー指導者への道を歩むことになります。

 

2007年にJFAナショナルコーチングスタッフとなり、
2011年にJFA公認S級コーチライセンスを取得しています。

 

なでしこサッカー―世界の頂点へ

なでしこサッカー―世界の頂点へ

 

 

なでしこジャパン高倉麻子監督の指導者としての成績や実績

高倉麻子監督は指導者としてもしっかりと成績を残していきます。

 

2013年よりU-16日本女子代表の監督に就任すると、
10月に開催されたAFCU-16女子選手権で優勝し、

U-17女子ワールドカップの切符を手に入れます。

 

そして、2014年にU-17女子ワールドカップに出場し、
グループリーグ、決勝トーナメント共に無敗で優勝し、
指導者としての右腕を高く評価されます。

 

2015年には、AFCU‐19女子選手権で優勝し、
2015年11月には、

AFC女子年間最優秀監督になんと4度目の受賞を頂いています。

選手としても非常に活躍してきた高倉麻子監督ですが、
指導者としての才能もものすごいものがありますね。

 

2016年に堂々と佐々木則夫の後任監督として
なでしこジャパンの監督に高倉麻子が就任しました。

 

日本代表の男子女子問わずに、女性で監督になったのは、
高倉麻子監督が初めての様です。

なでしこジャパン高倉麻子監督の個人成績

なでしこリーグ
 ・最優秀選手賞(MVP)2回 1992年、1993年
 ・ベストイレブン 7回 1989年、1991年、1992年、1993年、1994年、1997年、1998年
 ・特別賞 1回 1999年

全日本女子サッカー選手権大会
 ・優勝 4回
 ・最優秀選手賞(MVP)1回

 

これだけの実績のある高倉麻子監督のアジアカップ2018での

采配が非常に楽しみですね。

 

若返りを目指して、若い層で固めてきましたが、

今回は、川澄奈穂美選手などのベテランも収集していますので、

若手とベテランの融合したバランスの取れた

チームになると思います。

 

必ず、ワールドカップの切符を獲得して欲しいですね。