かきぞえネット

フリーライターとして見える道

【RASICAL(ラシカル)】圧倒的な人気を誇るエアーウォレットとは?

 

みなさんこんにちは!

管理人のカッキ‐です!

 

ワールドカップロシア大会も

遂に決勝トーナメントの戦いとなり

熱い日々が続いていますね。

本日の夜中には、

日本対ベルギーのベスト8をかけた大切な試合が行われますよ!

 

さて、話が大きくずれましたが、

以前僕が自信を持って紹介させて頂いた、

RASICAL(ラシカル)のエアーウォレットを覚えていますか?

 

新感覚の三二アムデザインのエアーウォレットの紹介は

こちら↓↓↓

【RASICAL(ラシカル)】新感覚な三二アムデザインのエアーウォレット&コインズウォレットに注目! - かきぞえネット

 

 

RASICAL(ラシカル)の商品が販売されるまでの工程は?

 

デザイン性が優れているラシカルの商品ですが、

デザイン性そして機能性が重要視されています。

もちろん、この機能を発想することができたとしても

商品化することは本当に難しいと思います。

 

ラシカルのホームページからは、

このデザイン性優れた商品ができるまでの工程を

ストーリーで紹介されていますので

是非、ご覧ください。

www.rasical.com

こういったストーリーを見ることで

一つの商品へのこだわりや思いがあることが分かりますよね!

 

 

RASICAL(ラシカル)のホームページはこちら

 

RASICAL

実際に僕が思うのは、一つ一つの商品がデザイン性溢れているという事で、

ホームページもすごくシンプルで見やすくなっているのも

流石と思いました。

また、しっかりとした

コンセプトのもと生産されていることに

すごく共感できます。

そのコンセプトがこちら

<3つのコンセプト>

1.サプライチェーンの透明化 – Transparency of Suppy chain 

生産工程、商品に関わる物語を公開し、生産側を知る機会を提供します。

2.生産者であり、消費者に – Make Prosumer 

消費だけでなく、一緒にプロダクトを作る機会を設け、生産的消費者を生み出します。

3.あなたに合った商品を – Made for you 

モノ・コトを通じて、新しい体験と共に、豊かな人生を送れる機会を提供します。 

 

コンセプトがしっかりとしていることで、安定した商品開発ができるのだと学ぶことばかりですね!

 

クラウドファンディングでも圧倒的な支持率!

 購入するならこちらから

これひとつで生活が変わる、減らす財布「エアーウォレット」限定カラーの先行受付 | クラウドファンディング - Makuake(マクアケ)

 

代表の真田様のコメントです。

代表の真田と申します。

ラシカルは、これからの時代に必要な、シンプルでスマートな製品・サービスのご提供を目指して活動しています。

 

日本でも話題になったモバイクや電子マネースマホ決済など、今の時代多くの製品・サービスが中国で生まれ、凄まじいスピードで成長しています。

現在私自身は中国に身を置き、グローバルで戦うために大学に通いながら、フラットになりつつある世界を生きていくための顔の見える製品・サービスを展開するため奮闘しています。

 

これまでの実績として2013年にカーラッピングフィルムブランド「HAPPY KREUZ」を作り、2015年に事業譲渡しています。現在このブランドはオートバックス等多数の大手カー用品店で販売されています。

その後方向性を変え、ラシカルとして活動を始めてからは、中国ブランドしか存在しなかったアクションカメラ市場に、日本ブランドとして企画を行い、中国ブランドにはない品質やサポートで多くのお客様のご支援を頂きました。

ラシカルが企画した製品、アクションカム「RA3R」はわずか1年間で5000台以上出荷しており大変嬉しく思っています。

 

そして、今回は前回Makuakeさんの方で製品化に成功した「エアーウォレット」の限定カラーを企画いたしました。

エアーウォレットは、私自身が出来るだけ持ち物を減らすことは出来ないかという疑問を持ち、もっと小さくて、軽く必要最低限な財布を使いたい思いから、製品化致しました。

 

今回このプロジェクトを立ち上げたのは、日本市場でのテストマーケティング・認知拡大のためです。海外におりますが、日本の皆さまとコミュニケーションをとりながら、成長していければと思います。

 

このプロジェクト実現には皆様のお力が必要です。

今後も皆様の生活がより豊かになる、時代にあった製品・サービスを企画・開発し、皆様にご提供していく所存です。

これからは個人の時代であり、なによりも人と人がコミュニケーションを取ることが最も大切だと感じています。

皆様と楽しくやっていきたいと思っていますので何卒宜しくお願い致します!